ドレスの完成度を左右するお店はどう探すの?デザインの決め方も気になる…!

最初はお店に行ってみましょう!

ウエディングドレスはレンタルや中古の方が安上がりです。でも一生に一回だけ身につけるドレスだからこそ、自分の為に作られたものが着たい!他の花嫁が着用したものは嫌!という人もたくさんいます。そんなプレ花嫁にオススメなのが、オーダーメイドのウエディングドレスです。注文から完成までには多少手間もかかりますし、値段もそれなりに高くつきますが、その分世界で一着だけのオリジナルのウエディングドレスを手にした時の感動は大きなものになるでしょう。自分たちの契約した式場と提携外のショップで作ると、持ち込み料もプラスされるので注意してくださいね。ショップ選びをする時には、展示会やカタログなどが参考になりますよ。お店のHP上で閲覧できるデジタルカタログなども便利です。

お店に行ってからはどうしたらいいの?

サイズ直しの必要が急に生じた時のことも考えて、なるべく挙式や前撮りの半年前からウエディングドレス制作の為の行動を開始しましょう。しかし、いきなりゼロからドレスのデザインを考えるのは、プロのデザイナーではないので難しいですよね。そこで、最初はお店が用意しているサンプル用のウエディングドレスを見ながらイメージに近いものを探す事になります。サンプルドレスはもちろん試着可能です。自分の体形に合うドレスラインはどんなタイプか、胸元のラインはどうなって見えるかなど、試着しないとわからないことってありますよね。このサンプルドレスをベースにして細かいデザインを調整していきます。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる場合、神前結婚式となります。伝統ある儀式は厳かで慎み深いものですが、同時に鶴岡八幡宮の参拝客からの祝福を受けられ、華やかさも味わうことが出来ます。